読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味と貯金の両立を目指す

NEWSさん関係の自分メモと貯金ほぼゼロの現実に危機感を抱いて生活を見直し中なブログ

アリとキリギリス的な

アリとキリギリスに例えるなら、私は間違いなくキリギリスタイプで、今が楽しいことが大事。しかし与えられ、あるいは求めて得た知識や情報が、アリの部分も大事でっせと忠告してくる。
アリとキリギリス、な。アリ。働くだけ働いて、もし、いつかやりたいと思ってたことも出来ずに死んだら、後悔しないのかな。でも、アリのしたいことって、多分、そんなふうに働きながらでも叶えられてることな気がする。
仲間と一緒にご飯を食べることだったり、寄り添って眠ることだったり、次代を育てることだったり。
しかしキリギリスがやりたいこと、叶えたいことは、アリとは違う。違うところがある。
やりたいことが違ったら、生き方だって違うから、価値観だって違うよね。価値観が違うから、やりたいことが違うのかもしれんが。
問題は冬。ご飯がなーい。死んじゃう! アリさん助けてーが、受け入れられるか蹴られるかは、…………運かなー。絵本では助けてもらったけど。キリギリスがどう過ごしてきたか。助けてもらえるに値する生き方だったのか、とか。でもそれは、なってみないとわかんないし、アリさんのお気持ちと懐事情にもよると思う。
他人様には全然思ったことないんだけど、自分に対しては、生きられないなら死ぬしかない、って思って生きてる。きっと私は、助けを求められずに死ぬタイプ。不器用なので。生き汚いから足掻くけど。
でもなるべくしあわせに生きたい。なので、助けを求めずに済むように、アリの部分も大事にしようと思うのです。アリはとてーも大事だ。でもでもだからって、キリギリスを全部諦めるのも、それはそれで生きてるとは言えないから難しい。
備え疎かに冬が来て、迷惑を被るのはアリタイプ。だから、アリさんタイプには、たぶんキリギリスタイプはわけわかんないんだろう、と思う。生きてるその時、後々アリに迷惑かけようなんて、まったく思ってないんだけど。
冬が来てるキリギリスは、後に続くキリギリスに、冬に備えるんだぞーって伝えるしかない。それが最大限できる忠告だろう。ありがとうございます。受け取りました。
いつかの昔は余裕があったアリの気持ちと懐事情も、この先どんどんなくなっていくことが予測される。キリギリスはキリギリスで備えなきゃいけない。
備え。
高齢者はお金持ってるからーとか聞くと、震える。恐ろしい。入ってくるお金は、現役で働いてた時代よりうんとうんと少ないのに、何を使わせようとしてんだ。それは死ぬまでにゆっくり使い切る備えだ。
そして、使っても全然問題ないくらい大量の備えがある人は、むしろ使わないだろう。だからこそ、それだけの備えができたんだから。
冬に備える。しかし、備えのために意に添わない生き方は出来ない。だったら、自分の思うバランスで立つしかない。在り来たりの言葉だけど、人生は一度きりなんだから。